建ぺい率・容積率の緩和と建築確認の改正について

お気軽にお問い合わせください
TEL 03-3251-6651
9:30 - 18:00 (土・日・祝日除く)

建ぺい率・容積率の緩和と建築確認の改正について

建築基準法の建ぺい率緩和、容積率緩和および用途変更の際の建築確認の改正等に関する建築基準法の一部を改正する法律が平成30年6月7日交付され、1年以内で施行されることになりました。そのうち特に重要なものについてお知らせです。

1. 建ぺい率の緩和について

現在は、防火地域で耐火建築物を建築する場合は、商業地域のように都市計画で定められた建ぺい率が8割のときは建ぺい率の制限がなくなります、すなわち建ぺい率の限度が10割となります(2割加算)。都市計画定められた建ぺい率が7割以下のときは建ぺい率の限度が1割加算されることになっております

これに関して次のような改正が行われました。

(1) 延焼防止性能を有する建築物の建ぺい率の緩和 

① 次の建築物の場合も、都市計画で定められた建ぺい率の限度に1割加算されます(上記の2割加算の場合は除かれます)。

イ. 防火地域内で耐火建築物と同等以上の延焼防止性能がある建築物

ロ. 準防火地域内で耐火建築物、準耐火建築物等

② 都市計画で建ぺい率8割と定められた地域において、防火地域内の耐火建築物と同等以上の延焼防止性能がある建築物も、建ぺい率の制限がなくなります(建ぺい率限度が10割になります)。

2. 容積率の緩和について

容積率の計算において、現在、共同住宅の共用の廊下及び階段部分の床面積は、延べ面積に算入されませんが、今回の改正で、老人ホーム、福祉ホームその他これらに類するものの共用の廊下や階段の用に供する部分の床面積も、容積率算定の基礎となる延べ面積に算入されないこととなりました。

3. 用途変更と建築確認の改正について

空家対策の一環といたしまして、シェアハウス等に空家の用途を変更しやすくするため、共同住宅・寄宿舎、ホテル・旅館、飲食店、物品販売店舗等々のいわゆる特殊建築物の用途変更の場合に、当該用途部分の床面積の合計が、従来は100㎡を超えると建築確認が必要でしたが、200㎡以下は建築確認を受けなくてもよいことになりました。

又、これは、用途変更の場合の建築確認の場合だけでなく、そもそも特殊建築物について建築確認を受けなければならない場合の建築基準法6条1項関係の改正です。従いまして、特殊建築物は、現在当該部分の床面積が100㎡を超えると建築確認を受けなければなりませんが、200㎡以下は建築確認が不要になります。 

関連記事

事務所で契約➜COOLING-OFFで解約できる?

事務所で契約➜COOLING-OFFで解約できる?

クーリング・オフの問題が宅建士試験に今年も出題されました。
現地のテント張り案内所や喫茶店等で宅地建物の購入の申込みをした場合は、後日事務所で売買契約を締結しても契約の解除ができるとする記述は正しいとする問題です。

遺贈の場合は遺産税がかからない? 契約書を作らないと報酬をもらえない?

遺贈の場合は遺産税がかからない? 契約書を作らないと報酬をもらえない?

リーガルドラマをご覧になられた方も多いと思います。展開がなかなか面白いドラマでした。ここでは、著作権に触れないよう話の筋を変更いたします。

田園住居地域 田園調布ではありません

田園住居地域 田園調布ではありません

都市計画法及び建築基準法の住居系用途地域に田園住居地域が追加され、用途地域が1つ増え13になりました。今年の宅地建物取引士資格試験問題の[問16]と[問19]で出題されました。
直前講習の基本重要問題と模擬試験でやったのがずばり出題されました。