日本ビジネス法研究所 – 国家資格合格指導47年の伝統と実績 –

宅建登録実務講習とは

登録実務講習とは

宅建合格者の方の宅地建物取引士資格の登録に必要な実務経験2年に代わる講習です。
合格をされても実際の都市計画図や登記簿(登記事項証明書)等をご覧になったことのない方が多いですが、取引士としての実務がきちんとできるように、権利関係・法令制限等の調査→重要事項説明書の作成→37条書面の作成等、取引士の実務の基礎・基本をご勉強して、習得していただく講習です。併せて関連業務等についてご勉強します。
大変重要な講習ですから、合格者全員の受講をおすすめいたします。

受講資格

宅地建物取引士資格試験に合格していること
※ 受講申請の際には、宅地建物取引士合格証書の写しを提出する必要があります。

講習科目

  1. 取引士制度
  2. 宅地又は建物の取引実務
    •  受付、物件調査及び価格査定
    •  媒介契約、広告、取引条件の交渉
    •  法第35条の書面の作成
    •  契約の締結、履行
    •  資金計画及び税務
    •  紛争の防止
  3. 取引実務の演習
    •  調査
    •  重要事項の説明
    •  標準的な契約書の作成

お気軽にお問い合わせください。 TEL 03-3251-6651 9:30 - 18:00 (土・日・祝日除く)

営業日カレンダー

メール・FAXは24時間受け付けております。

メール:info@bho.co.jp

FAX:03-3251-6658

(TELと番号が違いますのでご注意ください)

PAGETOP
Copyright © 日本ビジネス法研究所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.