講師紹介

お気軽にお問い合わせください
TEL 03-3251-6651
9:30 - 18:00 (土・日・祝日除く)

講師紹介

主任講師

学院長 主任講師  坂田 栄

【講座担当2万時間超の最も経験豊かな講師】

宅建講座専門指導48年の経歴(ビジネス法教育講座 48年の専門家)を持ち、難解な法律を初心者にも大変わかりやすく熱心に講義をします。
全編を通して一貫性のある受験最適の講義・指導のできるまさに宅建講座の第一人者。その要領を得た明解な講義は定評があります。
単に合格するだけでなく、講義を聞くだけでも、大変勉強になります。

登録講習・登録実務講習

猪原 英彦 先生
弁護士/猪原法律事務所所長

猪原 玉樹 先生
弁護士/猪原法律事務所

金城 勇二 先生
弁護士/弁護士法人ベイシック法律事務所所長

松岡 利喜雄 先生
不動産鑑定士/松岡総合鑑定代表

松田 喜代子 先生
不動産鑑定士/春日不動産鑑定事務所代表

市川 隆治 先生
不動産鑑定士/株式会社テクナス専任不動産鑑定士

小柳 博幸 先生
不動産鑑定士/小柳不動産鑑定株式会社代表取締役

渡辺 悟 先生
不動産鑑定士/桜坂鑑定株式会社代表取締役

大森 和夫 先生
不動産鑑定士/大森不動産鑑定事務所代表

金野 英太郎 先生
公認会計士/税理士/税理士法人のぞみ会計社代表社員

宮島 正裕 先生
税理士/のぞみ会計パートナーズ代表

橋本 ゆかり 先生
税理士/橋本ゆかり会計事務所代表

河畑 洋子 先生
宅地建物取引士38年 アーバン富士株式会社代表取締役

猪股 豊 先生
宅地建物取引士31年/日本コミュニティサポート株式会社代表取締役

今井 啓文 先生
宅地建物取引士31年/(有)今商 代表取締役

土生津 礼子 先生
宅地建物取引士38年/(有)親和 役員

石川 洋子 先生
宅地建物取引士39年

野宮 千裕 先生
宅地建物取引士19年

木村 光一 先生
宅地建物取引士16年

花井 尚彦 先生
不動産鑑定士/花井不動産鑑定事務所代表不動産鑑定士

松尾 公平 先生
不動産鑑定士/合同会社松尾不動産研究所社長

北潟谷 保 先生
不動産鑑定士・1級建築士/株式会社きたがたや不動産鑑定代表取締役

大村 進 先生
不動産鑑定士16年/宅地建物取引士/㈱大村不動産鑑定事務所代表

宅地建物取引士

大森 和夫 先生
不動産鑑定士/東京地方裁判所鑑定委員/講師暦21年
【担当教科】法令上の制限

野宮 千裕 先生
宅地建物取引士/講師暦19年
【担当教科】全科目

坂巻 道久 先生
中央大学法学部卒/行政書士/講師歴17年
【担当教科】民法

行政書士

西村 利孝 先生
行政書士/社会保険労務士/講師暦21年
【担当教科】教養科目・憲法

高野 俊信 先生
行政書士/講師暦26年
【担当教科】憲法、民法、行政法

坂巻 道久 先生
行政書士/講師歴18年
【担当教科】民法

社会保険労務士

関口 昭 先生
社会保険労務士/講師暦46年
【担当教科】雇用保険法・労災保険法・徴収・年金法・安衛法・一般常識

司法書士

山崎 武睦 先生
司法書士/講師暦28年
【担当教科】登記法・書式演習・民法・刑法・商法

守屋 敦 先生
司法書士/講師暦21年
【担当教科】不動産登記・書式演習

田原 郁紘 先生
司法書士/講師暦29年
【担当教科】商業登記・書式演習

会社概要

お気軽にお問い合わせください。
TEL 03-3251-6651
9:30 – 18:00 (土・日・祝日除く)

関連記事

会社概要

運営会社

弊社の基本情報やアクセスについて。

プライバシーポリシー

プライバシーポリシー

株式会社日本ビジネス法研究所(以下「当社」)は、以下のとおり個人情報保護方針を定め、個人情報保護の仕組みを構築し、全従業員に個人情報保護の重要性の認識と取組みを徹底させることにより、個人情報の保護を推進致します。 個人情報の管理 当社は、お客さまの個人情報を正確かつ最新の状態に保ち、個人情報への不正アクセス・紛失・破損・改ざん・漏洩などを防止するため、セキュリティシステムの維持・管理体制の整備・社員教育の徹底等の必要な措置を講じ、安全対策を実施し個人情

特定商取引法に基づく表記

特定商取引法に基づく表記

特定商取引法に基づく表記販売業者株式会社日本ビジネス法研究所運営統括責任者坂田栄所在地〒101-0041 東京都千代田区神田須田町2-23-11電話番号03-3251-6651メールアドレスinfo@bho.co.jp屋号日本ビジネス法研究所商品代金以外に必要な料金送料無料引き渡し時期お申込み完了後3営業日に発送、またはメール等でご連絡いたします。返品期限教材発送後の返品(キャンセル)はお受けできません。但し、重大な疾病・ご本人の死亡等、やむを得ない事情により受講が不可能である場合に限り、キャンセルに伴う